2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

世間の辻

とらわれたサッダーム・フセインの頭上には、元大統領で、かつての独裁者で、裁判の被告で、ジェノサイドの容疑者という暫定的ステータスを記した高札が掛けられ、私は群集に混じってそれを時折指さしてみるくらいなのであります。つまりそれは、ニュースは知ってるよというだけのジェスチャーです。今日来てみるとサッダームは縄で吊るされていて、この先高札に詳しいことが書き加えられるのかどうかはわからなくなりました。

現地時間で30日午前6時、そんな早朝に絞首台の露と消えにけり。69歳。死刑確定は26日。濁音でできた町バグダッド。本日の天気は晴れ、最高気温10℃、風は北西と。

スポンサーサイト

| いろいろ | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

おまえの中身

Macのスクリーンセーバーを変えようとシステム環境設定へ。ピクチャフォルダをまるごと画像源として選べるようなので、試しに指定しテスト起動をかけてみたのであります。

すると、ディスプレイいっぱいに次々と幻想的なフェードインで現れる外人ビルダー渾身のポージング。タリバンのザイーフ元駐パキスタン大使とアイパッチの相棒。ヌルスルタン・ナザルバエフ(カザフスタン大統領)名場面集。ついにはジョージ・クリントンのマグショットがどういうわけかループし始め、やっとの思いでマウスを掴み元の世界に戻って来れたのであります。

ピクチャフォルダの中身っていうのは外付けの脳の中身ですよね。私のアタマの中にはこんなようなものが果たしててんこ盛り。それを確認し、しなくてもいい反省をちょっとだけくゆらせてみる年の暮れなのでした。

| Apple&Mac | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

超能力捜査官

「天国からの手紙」→「FBI超能力捜査官」という恐るべき流れでいつになくテレビを見てしまいました。ああ年末かなぁ。1980年代、いわゆるロス疑惑報道でよく見かけたロス市警の日系デカ・ジミー佐古田氏が久々に登場し、日本人がらみの未解決事件で透視を依頼。という展開に小さくビックリです。

いっそのこと「年忘れ!FBI超能力捜査官スペシャル」っていうタイトルにして、捜査官同士が自慢の超能力でお互いの私生活をクレヤボヤンス。というのはどうなんでしょうか。マクモニーグル(透視の人)が「あなたはこの店でよくエロ本を買っていた。そう…屋根は緑だ」と例の吹き替えで言いながらすごく詳細な地図を描くの。そういう、罪のない小さな小さなことを暴露し合うの。

| いろいろ | 01:33 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

トルクメンの首領様

メリー!!

どころじゃなくて、トルクメニスタンの偉大な首領様が急遽みまかられたんよね。テュルクメンバシュはほんとうに終生大統領をまっとうしてしまったの。いつになく、定時ニュースに映し出された巨大ルーフナーマ。白亜の記念碑に黄金の首領様像。まるで毎日がクリスマス、いや首領様マスのごときトルクメニスタンなのだけど、今や太陽は墜ちて権力闘争の気配というの。いい首領様は死んだ首領様だけということわざもあるけど、そうでもないかもしれないの。最高気温が40度だか50度だかになる場所に巨大動物園を作ってペンギンを入れるという計画はどうなるんだろう。いやトルクメニスタンで進行中の心配すべき出来事としてそれより先に思い出すものいっぱいあるだろ、なんですけども。

| いろいろ | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ジャックの子どもたち

英国はサフォーク州イプスウィッチの町で、売笑婦5名が相次いで殺さるという事件が起き世間を騒がしていたのであります。この職業の女性を手にかけて悪名高い19世紀の殺人犯にちなんで、現代版切り裂きジャックと、イプスウィッチ・リッパーとかサフォーク・リッパーとかあだ名されていたそうな。もっとも手口としてはけっこう絞殺なんだそうで、「ストラングラー(絞殺魔)」と呼ばれたりもしたらしい。

で、リッパーだかストラングラーだか、ともかくその容疑者がついに逮捕されたのであります。しかも1人じゃない。2人の男が相次いで捕まり、両名とも被害者全員を殺害の容疑というではないですか。共犯なのか何なのか。警察はまだ詳しいことを発表しないのであります。

リッパーは代々世の中にいるそうでして。
1970年代には同じ英国にヨークシャー・リッパーというのがいて、やはり辻に立つ女性を襲ってはあやめていたのであります。その正体はピーター・サトクリフというトラック運転手の男。彼が自らしたためて運転席に掛けていたというカードの文言を思い出すと、私は独特な気分になります。あばらの内側にある、ふだん目を向けない暗い場所に変な風が起きるような感じなのです。

「このトラックに乗っている男は、その内に秘めた天才を解き放てば国全体をゆるがせ、その強力な精気は周囲の人間すべてを威圧する。この男を眠らせるべきか否か?」(from 『現代殺人百科』、コリン・ウィルソン/ドナルド・シーマン著、青土社)

輝かしい空想。自己申告の成分表示。
俺アーサー王伝説の10秒でわかるあらすじ。
誰にも見せないキャッチコピー。

じゃあ私のパッケージ上には?
そこにある手書き文字は、いったい何を謳っているのだろうと考えてしまうのです。

| いろいろ | 02:50 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

Flashの間違った使用例

061220
動かない絵ばかり描きまくること。

| いろいろ | 00:21 | comments(3) | trackbacks(1) | TOP↑

≫ EDIT

スーパーファインの拙者モード

061218_01
携帯カメラのスーパーファインモードで接写。かなりきれい!

061218_01
接写じゃないモードだと…まあこんなもんだ的内容であります。

被写体は最近描いている私の絵。どちらも未完成です。今のところMacの外にある絵を取り込むにはスキャナが無いし、Macで描くにはFlash(のまちがった使用法)しかないし…なのです。追々、がんばって働いて(笑)そういうものもそろえたいな〜。

| いろいろ | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

Joy to the world

もしもし、俺、俺。サンタだよ。つまりおまえだよ。
世間はすっかりクリスマスだな。ところがおまえには、このまたとないホリデー・シーズンに心のこもった贈り物をしてくれる外部装置があいかわらず不足中だ。そこで脳内のメンタルケア用救急パッケージから立ち上がった俺が、少し早いプレゼントを持ってきてやった。見て驚くなよ。


ほーら!大人用自転車だ!
少し前からおまえがほしがっていた、大人用自転車だよ!
本体・小物・登録料、しめて合わせて2万円以内でまとめてみましたが!

おまえ今年度中に失業するんだって?
どうすんだ?スキルは無い、コネは無い、就職先は決まってない。唯一おまえの小さな夢は、自転車に乗っての職安通いだ。自転車に乗れないおまえが、このマジックを必要とする時が来た。さらば電車賃。こんにちはちょっと遠くのバイト先。それだけじゃないんだぜ。おまえは自分の力で人生の新しいフロンティアに漕ぎ出すことになるんだ。一人じゃない、今日からはこいつがおまえの愛馬さ。ロックンロール!そしてグッドラック!春になったら、職安で会おうぜ!

------------

ということで自転車買ったんですよう。初めて買った自分の自転車。ホイール24インチ、アルミボディ、前カゴ荷台付きの頑強そうなママちゃりんこです。すごく安定した自転車で、買って乗ったらもう漕げました。まだ曲がるのは下手で、対向車や路上の人が怖いけどがんばります。俺ありがとう。

| いろいろ | 15:38 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

星座別交通事故占い

いろいろと人生の機微に触れた本年、私も考え直して少しオルタネエトなものごとに対し寛容になることにしたわけですが、本日こんな愉快なニュースがあるんでございます。題して「交通事故を起こす意外な要因は…」。カナダの保険関連企業が運転者10万人の事故と違反を調査したところ、なんと「特定の星座のドライバーがより違反チケットをもらう傾向があることがわかった」。捨て置けないそのワースト3とは以下の通りであります。

1位:天秤座 バランスとコンセンサスを望み、素早い決定を好まない
2位:水瓶座 衝動的でスピードと反抗の星の下にある
3位:牡羊座 自己優先的な性質を持つ
(ITmedia News: 交通事故を起こす意外な要因は…

私の星座、天秤座が第1位ですよ。
美と調和を好むなどとされる天秤座なのですが、調整にばかり慎重を期すとレスポンスに決定的な遅延が生じると。これは忸怩たるリアリティがございます。我々は時にコンセンサスというバケツを思い切って蹴り飛ばすべきなのでしょうか。

ワースト3に挙げられている運転者の性質それ自体は、判断が遅い・乱暴運転・自己中心的というもので、こういう要素が事故や違反につながると言う分にさして不思議はありません。けれどこのリストが指し示す問題の本質は運転者の星座ということであり、それが調査の結論なのであります。これを万国共通の事実であると言うためには心を適正に狭くして厳密な検証を行うべきでありましょうが、ある理屈に基づいたゆかいな分類表(仮)としてはこれでいいかもしれん。星座で保険料が変わる商品なんてのも、一度ぐらいは誰かが売り出してみれと思う次第なのですし。

| いろいろ | 01:41 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

エドワード・マンチの叫びとマドンナ、病める子そして吸血鬼

061212

本日、グッグルがこんな体たらくになっていた!
理由はよくわからないけれど、今日はムンクの日だったに違いない。
明日になってもあさってになってもこのままのグッグルならいいのに。
もしくは原因不明の不思議な不具合によって元に戻せなくなるとか。
クリスマスまでこのままでいてほしい。
お正月もこのままでいてほしいのだ。

| いろいろ | 01:11 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

あすこにも

尊敬措く能わざる友人よりご招待いただき、mixiでもとぐろを巻き始めました。ニックネーム検索で発見できます。

| いろいろ | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

禁煙日記again(6)

12月06日(四十五日目):
見ちゃいました…。
かねて噂には聞いていた「吸っちゃう夢」を。

夢の中では友だちということになっている、現実では全然知らない女の人が私にタバコをすすめました。それは実のところ、タバコの葉を使っていないニコチンフリーのシガレット(そういう製品は実際にある)だというのであります。ベージュ色のとても華奢なシガレットで、濃いブラウンのフィルタがついていました。そしてむかし実家で見た「恩寵のタバコ」みたいに、薄紙に包まれてフタ付きの紙箱へ収まっているのであります。

私はニコチンフリーというだけで何の疑いもなくそれを口にし、火をつけちゃったのです。おもむろに煙を吸い込んだのですが、味が…薄いしおいしくない。がっかり。しかもやっぱこれって喫煙?とりあえずタバコみたいなもの吸っちゃってる?もしかして禁煙失敗?私やっちゃいました?紫煙と共に立ちのぼる疑惑の数々に、赤く燃えるシガレットの筒先を眺めながら憂鬱に包まれたのであります。

一説によると夢の登場人物は、例えいかような姿であれ自分自身なんだそうで。自分のいろいろな側面が他者として出てくるってんですよ。んじゃあの見知らぬ女性は私の内なる「自分にタバコをすすめる側面」なのか。他人の振りして、姑息すぎ自分。しかも夢なんだから、ニコチン入ったやつを思いっきり吸えばいいのにへたれすぎ自分。

| 禁煙日記 | 00:57 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

禁煙日記again(5)

12月01日(四十日目):
あんまり書くこと無くなってきたなぁ。禁煙は今やすっかり日常となり、危機も疑惑もロマンセも、おもしろおかしい物語はてんで起きなくなったのでございます。ガムすらもう噛んでないし。とは申せ一度はタバコを習慣とした身でありますから、そんなにあっさり縁が切れるとも思えない。喫煙復活の可能性は今後もあり続けるんでしょうね。まあぼちぼちやります。

そういえば先月末。よく知られた禁煙ハウトゥ本「禁煙セラピー」の著者が亡くなったそうなんですよ。アレン・カー氏享年72歳、死因はなんと肺ガンです。この本は私も数年前に買って読みましたが、禁煙の苦しさを解消するための心理作戦あれこれという感じでした。その時は残念ながら、禁煙できなかったんでありますけれど…。

| 禁煙日記 | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。