2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

禁煙日記again(7)

01月20日(九十日目ぐらい):
暖冬とは言うけど今日は雪チラ。罠が潜むという三ヶ月目が来ましたよ。
で罠とは違うんですけど、この頃ちょっと気になることがあるんです。この頃といっても、いつ頃からだったか…。風邪も引いてないのにくさめが出るようになったんですよ。さほどの頻発というわけじゃなく日に一回ぐらいなんですが、喫煙していたときは別段こんなことはなかった。禁煙して咳だのくさめだのが止まるんなら分かるけど、増えるってのはいかがなものなのか?

しかも、気のせいか鼻が痒い。
これって?
これって、もしかして…。

スポンサーサイト

| 禁煙日記 | 20:16 | comments(6) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

Extreme the Dojo

渋谷クアトロにて行なわれたExtreme the Dojoというメタルのイベントから帰ってきたところであります。タイトル通りに毎度エクストリームな、すなわち標準よりちょっと激しめのバンドを出してるシリーズ企画。今回の出演はNAGLFAR、SATYRICON、そしてCELTIC FROSTという三者でございます。

一番最初に出たNAGLFARはスウェーデンのバンドで、私は初めて聴きました。アー写(アーチスト写真)を見ると目張りのハゲが眉間にしわを寄せていて怖いのですが、実際の彼らはカジュアルな雰囲気のナイスガイ。楽曲はなるほどスウェーデンぽいと申しますか、DARK FUNERALとかと相通ずる響きがあるような。

ノルウェイのSATYRICONは見たかったバンドの一つであります。元来は二人組だけど、ライヴをやる際はサポートメンバーが加わって人が増えます。今回は女性のキーボーディストを入れた六人編成のバンドだったみたい。でもよく見えなかったのです。
ヴォーカルのSatyrは一曲ごとにMCを入れて観客と積極的にコミュニケート。その様子も含めあまりアンダーグラウンドな空気を感じさせません。知っている日本のアーチストとして「NWOBHM(New Wave Of British Heavy Metal)って感じでいいバンドだった」とバウワウに言及したと思うへたれヒヤリング。意外です。そしてドラマーのFrostについては、今晩あらゆる人がFrostの凄かった話を書いていると思うし、正直ドラマーの技術について私はよくわかんないので控えますけれど、ただ事ではなかった、これだけは言えると思います。速いパートでのリズムの詰め込み方が彼ならではの感じです。最後に昔日の名曲"Mother North"をやってくれたのが大変よかった。

そしてスイスの伝説的なCELTIC FROST。よもや日本で彼らを、しかも21世紀になってから観ることができようとは思いもよりませんでした。昨年リリースした13年振りだかいう新作もそこそこに、フタを開けてみれば昔の曲がてんこ盛りの驚愕セットリストであります。どれも本当に変な曲なんですよ。独特の癖がある。これまた作曲技術について私はよくわからないのですが、コードとかリズムの進行が通常通りじゃないのかもしれない。どこかスッキリしない不安になるような音がして、やはりスッキリしない粘ついたリズムがある。オリジナルテイクより一段と粘っこく演奏される昔の曲の合間に今の曲が入ると、両者はいかにもすんなりつながるのであります。ヴォーカリストでギタリストのThomas Gabriel Fischerが恐ろしく邪悪な音色の引きずるようなフレーズを当たり前のように弾いている姿を見ればむべなるかなで、これが手癖と言いいますか、やろうと思ってのことじゃない、なぜだかそうなっちゃう、それが才能ってものなんだとしみじみ感じた次第なのでございます。唯一無二。すばらしい。"Dethroned emperor"が最高でした。

| いろいろ | 02:17 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

年頭御挨拶

2006年はまことエポックメイキングと申しますか、異様な年でありました。いま思えば5月にギターを掘り出したのが何かの予兆だったに違いありません。その後自宅に詰め込まれていたあらかたの物はなくなり、離職の話が来て、ついに携帯電話を買い、喫煙がどうでもよくなり、とうとう自転車に乗るようになったのでした。世の終わりまで惰眠をむさぼるつもりだった私の石の枕は漆黒の船に踏みしだかれ、あたふたと墓から叩き出されてみれば巷は南蛮人だらけ。復活と終焉と変化。焼けるような味のスープが配られ、体に水気が回り、そして目からあふれ出す。外は明るくてまっさら。寒気がするほど晴れた沙漠に役目を終えた黒船がひっくり返っている。たった四杯でこのウマさ。神田川料理道場です。

本年もよしなにお付合いください。
我々の旅路に冒険と安寧が豊かにありますよう。

| いろいろ | 21:29 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

年頭御挨拶

070105

あけましておめでとうございました。

| いろいろ | 19:48 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。