2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

何処へ

080430

グュールデンウャーク(Golden week)ですね。呼称は何でもいいです。
折角の休日。なのに洗濯物を干し終えたらYouTubeで他人のインコ三昧であり、次に気がつくと心霊写真三昧という体たらくであります。一体どこから繋がった道なのでしょうか。インコと心霊写真は繋がっているのです。しかも久しぶりに心霊写真を見たらえらく怖いものに当たってしまい、散々で、気を紛らわすためにいろんなblogを見て歩いているとそこら辺にまたYouTubeへのリンクがあって、今度はえらく地味なおっさんがオペラを歌っているという、TV番組の映像なのです。

去年に評判だった動画だそうですが、私は初めて見ました。

冴えない男の才能(日本語字幕付き)
http://www.youtube.com/watch?v=0HYHKlcDsZI

英国の素人参加オーディション番組なんですね。
職業は携帯電話のセールスマンという中年になりかけの太った男が出てきて、何の愛想も無く「オペラ歌います」って言う。審査員はやれやれ…みたいな表情なんだけど、そのあと凄いことが起きる。

この人。
子供の頃から歌が好きで、イタリアでオペラを学んだもののプロにはなれず、生活のための仕事をしながら無給で地元の劇団に出ていたという、この時点で本物の歌手なんです。でも無名だった。それがこの番組に出て大人気になっちゃった。酔わせるような気持ちいいギャップとファンタジー、そういう勝手なヴィジョンを私は見たのですけど、他の人もそうなのでしょうか。この映像にあるマジックの一つはそこに源泉があると思います。

だけど歌い終わったあとの彼の顔を見ていると、今この人が触れているものに私も触れたいという猛烈な渇望を感じるのであります。
それはいかなる他者も与えられないものなのでありましょう。

ちなみにこの人。
このあとCDデビューを果たし、いま来日しているみたいなんです。
昨日と今日がコンサートだったんだって。ぶんか村で!

スポンサーサイト

| いろいろ | 00:28 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

何処へ

080429

「アルケミスト」
パウロ・コエーリョ著 角川文庫

この表紙の絵に見覚えがありました。
いつ見たのでしょう。これは、読んだことのない本なのであります。
ブラジル人の書いた小説で、宝物を探しにいく少年の物語だと云います。
私はあまり小説を読みません。しかし時たま唐突に、これという本が出てきます。
過去にその「前兆」が来たのは、アマール・アブダルハミードの「月」、カミロ・ホセ・セラの「二人の死者のためのマズルカ」を読んだときです。私は「アルケミスト」にも似た前兆を感じ、小さな文庫の本を買い求めたのであります。

半日ぐらいで読み終えました。
とても簡単な物語で、少年は宝物を探しにいくのです。
というか、自らの得た前兆を行動によって全うする決意をするのです。
「仕事を捨てて夢を追いかける話」と書いたらたぶん不正解です。
そこは本質じゃないのだと思います。
この少年はそして、本当は少年ではなく大人のような気がします。

物語は本を開いてみなければわかりません。
読み終えるとそれはほどけて、言葉も名前もすべての象徴も分解してしまいます。
その時、物語が何で出来ていたかがわかるのです。

物語の最終盤、193ページから以降の展開を私は全部知っていました。
知っているからには読んだことがあるはずなのですが。
それがいつだったか、少しも思い出せません。

| いろいろ | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

いわゆる日記

強い印象を得ると、頭の中では過去のデータを検索し始める。
以前に見たとか、知っている何かと照らし合わせようとする。
当てはめるべき定義を探している。
そのせいなのか、何を見てもノスタルジックだ。

| いろいろ | 23:27 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

福田やすおです。

ふくだ内閣メールマガジンは、発行に莫大な税金が使われているのに内容は愚痴やボヤキばかりであり、道義的にいかがなものかという大衆紙の記事があります。

私はと申しますと、

  1. メルマガの原稿を秘書に口述しながら、ボヤキのあと片目をつむってみせる福田やすおを強く想像。
  2. 句読点「。」を全部「w」で脳内置換。「ねじれ国会w 福田やすおですw」
    「私は、いかなる課題についても、野党の皆さんと話し合う用意がありますw」

こういう感じで乗り切っています。どっちかというと1がお気に入りです。
ふくだメルマガをhtmlメールにする計画があるそうで、実施の暁にはリテラシー低いと一斉に言われるのでしょうけど、無駄なデコメールになったふくだメルマガに私は期待しています。ピンクの地になんかキラキラしてほしい。わけもなくリラックマとかいてほしいです。似顔絵もいっぱいで。

| いろいろ | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。