2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ノミ

オペラ男の歌声を聴いて私はクラウス・ノミのことを思い出しました。
クラウス・ノミは、80年代初頭にアルバムを出していたドイツ出身の歌手なのです。
初頭すぎて、私はリアルタイムで彼を捕まえられませんでした。

80年代は何が徒花で何がコンサバティブなのかよくわからない有様だったと思ったりするのですが、そんな中にあってさえノミの板塀みたいな髪の毛や、いま見ると時に片岡鶴太郎に似すぎて見える白塗りの顔はやっぱり幾分奇っ矯だったのかも。

見た目のことはオプションとして、その歌唱はまさにユニークなものでありました。
アルバムに入っている曲の多くは先人のカヴァーであったり、オペラの曲であったりするようですが、80年代ポップスのアレンジにのせて炸裂するクラシカルな歌声にはいつも不意をつかれたような気がして、けれん味以上の単にすばらしいものを感じてやまないのであります。

アルバム2枚を残して死んでしまったクラウス・ノミでしたが、何年か前に伝記映画が出来ていたのだそうです。その縁起により改めて彼の音楽に触れたひともいたわけで、それはたいへん結構な話だと思うのであります。

Youtubeをのぞくと昔日のPVからライヴ映像まであったりして、それを眺めておりますと時折はっとして、漠然と神々しいものをかいま見たような、なにか自分には触れられぬものの気配を聞いたような気がいたし、それはもしかしたら人の魂と云うものかもしれないと考えるのでありました。

Nomi Song:これは愉快ですね。
http://www.youtube.com/watch?v=uKYpepxGkyY

The Cold Song:生オーケストラでバロックオペラを歌う。この半年後に逝去。
http://www.youtube.com/watch?v=C_A6IR58Htg

Samson and Delilah:世にも美しいD級スペースオペラ、という感じの映像。
http://www.youtube.com/watch?v=kQeWvFPb5zA&NR=1

スポンサーサイト

| いろいろ | 23:09 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

今この瞬間脳内にあるものをコピペ

パンゲア大陸

≫ Read More

| つぶやき | 13:29 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。