2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

the eight greater hells

ヘル

最初から説明するよ。
少し前のヤッフーニュースに「タイのサグラダ・ファミリア」と渾名される寺の話題がでていました。本来のサグラダ・ファミリアはスペインにあり、特異な外観を持つキリスト教会で、更には、19世紀末に着工して未だ出来ず。あと何百年か建築が続くといわれる超長期事業なのであります。

「○○のサグラダ・ファミリア」という表現は、私の耳にはですが、ある個人の想念を連綿と積み上げた奇っ怪美麗なるケイオティックな体系という響きがあり、物質化していなくてもかまいません。人と話していると、その人の考え方や感じ取り方が、その頭上に特異な外観を持つ大伽藍を構築しつつあるという妄想がわくときがあります。この人はサグラダ・ファミリア持ちだなと思うのであります。

タイの寺は、宗教建築であるという点、そしてデコラティブである点でどことなくサグラダ・ファミリアでした。木造ですが、30年近く作り続けているそうです。
ヤッフーからは、それについて詳しく書いたblogがありとリンクが張られていて、飛んでみると「タイの地獄寺特集」というリストのあるページにつきました。いや、リストの下には確かに「タイのサグラダ・ファミリア」に関する記事が出ていたはずです。しかし私は地獄寺のリストに邁進してしまいました。

地獄寺とは境内に地獄の様相を描いた展示物を置いている寺のことでした。タイの寺にままある様式らしく、多くは等身大程度のコンクリート像によって刑罰の様子を表現しています。内容は非常に残虐で造形はやや稚拙、極彩色の立体的な殴り書きとでもいうものすごい光景なのです。残虐性と造形的な稚拙さとのマリアージュによって、洗練された表現には絶対に見られないむき出しの暴力性がうまれ、それは熱帯の日差しのように激しく燃えながら放射されているのであります。

地獄では何が行われるのでしょうか?
私は地獄に興味を持ちグッグルに尋ねました。八大地獄というアイデアがあり、罪が重くなるほどより下層の、より強い地獄に行く。その度ごとに刑罰の残虐さと刑期の長さは大胆に加速し、想像力の限りを尽くし、ついにはその埒外に飛び出して、目眩のするようなインフレの極北をさらけ出すのであります。 八大地獄の最下層に位置するのは阿鼻(無間)地獄という。ここに落ちてくるまで、二千年間の自由落下を経なければならない。十六個のサブ地獄があり、そのひとつ「星鬘処(せいまんじょ)」についてWikipediaはこう描写している。「正方形の地獄の、二つの角に大きな苦しみがある」。シュールレアリスム。それは美しい詩だ。

スポンサーサイト

| いろいろ | 22:11 | comments(8) | trackbacks(0) | TOP↑

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。