PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

空のスタジアム

050609.gif

蹴球代表戦を見たであります。角澤&松木の狂気を避けBSへ。「スパチャラサイ国立競技場』というのはタイっぽいキュートで不可思議な響きにあふれていて、かつリズムがあり意外に覚えやすい名前だ。DPRKの一身上の都合によって、というかFIFAのペナルチーによって会場はタイ王国である上観客がいないのでした。

前回のバハレーン戦では客席から淡々と続く詠唱、心臓の鼓動より少しゆっくりした太鼓の打音、上がったり下がったり波のように一定しないノイズの律動によってトランス状態に陥った私でしたが、客のいない会場でのW杯予選というのは妙な緊張感があります。そこに人がいない分、視線を感じるというか。

試合は楽々勝ったというのでもないだろうけど、終わってみれば心配するほどのこともなかったのであります。2点目の場面は大黒がダイヴボマーのようで痛快でありましたし、期待された?DPRKのエキサイトシーンもちらっと。怪我人も出ず何よりであります。

これで日本国は来る年ドイッチュラントで挙行されるワールドカップ本大会に出られるというわけなんですが、欧州や南米の地獄のような予選を勝ち上がってきた連中と当たるのかと考えるとなんだか心配なのでした。

その後はイラン対バハレーンをきわめていい加減に見ながらマハダビキアの眉毛を脳内レタッチ。つながっているところを消すと男前になる。だが彼の眉毛はやはりつながってこそと言えるかも。

| 蹴球 | 02:05 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/130-07a479cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。