PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

滅亡の箱庭

050611.jpg

関東甲信越は梅雨に踏み込みました。湿気、部屋干し、吸血昆虫。そんな季節ではありますが、雨が好きなナメクジ人間としては喜び勇んで石の下からこんにちは。なめくじドライでさようなら。さういう塩梅でございます。

何度も申しますけれど「なめくじドライ」「アリの巣徹底消滅中」「ネズミ激取れBOX」などというジェノサイド商品の字面なんですね。商品名というのは時に画質無視の高圧縮ファイルとなり、用途や効果、イメージなど多くの情報が無理矢理詰め込まれた結果、脳の深奥に響く文学的効果をかもし出す場合もあるような気がするんです。

特にアリ用商品がすごい。「アリメツ」、「アリ・デストン」(death tonの意か)、「アリの巣コロリ」、「アリ驚く」、「アリよさらばそのままスプレー」、「巣穴にブスリ アリアース」などというヴァイブレーションの極北。駆除という崇高なる大義。殺戮という野蛮なる陶酔。人をして奮起せしめる魔法の呪文の数々なのです。

そんなにアリがお嫌いですかと問わば、事情によってその通りなのでしょう。一方で「アント・アクアリウム」なるすてきな商品もありました。この商品は…見たくもなかったアリの巣を三次元的に観察することができます。違う。「見たくても見れなかったアリの巣を」です。美しいケースに透明な青いジェルを入れたキットで、アリの観察飼育ができるというものであります。

子供の頃やりましたね。瓶に土を入れて、その周りに黒い紙を巻き、捕まえてきたアリを入れてやる。しばらくたってそっと紙を外してみると、全部死んでいた。あれができるわけですよ。いや死なさなくてもいい。とはいえ働きアリばっかりだと、殖えることはなくていつか皆死ぬんじゃないのか。透明な閉じた空間で、立体的に眺める死んだアリのコロニー。そのころには彼らの活動によって内部もそう美しいものではなくなっているんだろうな。捕獲と飼育と滅亡の観察キットなのか。憂鬱グッズかもしれません。

| いろいろ | 03:28 | comments(2) | trackbacks(1) | TOP↑

COMMENT

きっとね?
「アント・アクアリウム」にはちょっとドキドキ♪
購買意欲も満々なのですが、シーモンキーとか
育て系のグッズに対して、飽きやすい性質と言う
相容れない性格を所有しております故
大量虐殺の構図が脳内変換!!ぎゃっ!!

| 美棒 | 2005/06/13 16:44 | URL | ≫ EDIT

いいっすよね。
商品名、よく見たら「アントクアリウム」でしたばい。アクアリウムじゃなくてクアリウム。青ジェルの輝きに目がすべったかも。
だけどなんだか気になりますよね、これ。
もし買ったら経過を教えてくださいよ。

| ペり公 | 2005/06/14 01:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/133-ebb5c0f5

TRACKBACK

アリンコ種Destiny

ヤァヤァ、初めてトラックバックを撃とうと思いまして。まぁ波動砲なわけですが。何を思い出したかと申しますと、アリンコなんですけどねアリンコをジェノサイドする頃ってありますでしょ?幼少の頃とでも括っておけばいいのでしょうか。現役だYO!って言う貴方。ちょっと後で

| 土佐ニッキ | 2005/06/12 23:27 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。