PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

テレビ霊異記

スキャンダル・システムとしてのテレビにおける観戦記。

■貴乃花親方vs花田勝さん

かつて横綱として国土の鎮守であった兄弟が今や相争うというサーガ。家庭内争議ながら、元横綱が2名も絡んでいるためいろんなヴァイブレーションが国内広く及んでしまうのです。

引退後片やは還俗、片やは一般神職として未だ注連縄の内にある。サシの戦いではなく軍団同士の抗争であり、両軍とも指導体制は元力士with黒魔術師という組み合わせと見えます。リーダーである元力士の他に前面に立つべき人もいないのですが、神通力の無い発言に大地から雑音が湧き出る次第。家政婦の姿をしたジョーカーが戦場に跋扈しているのがいっそう不吉であり、荒廃の未来を予見させます。

■マイコー・ジャクソンさん全面無罪

10件の罪で起訴されていた歌手のマイコー・ジャクソンさん(46)の裁判で、全ての罪について無罪という評決が出たであります。陪審団が審議に一週間もかけていたことから、何にしろ起訴事実全てが無罪になることはないであろうという見方が大勢でありながらの、全米驚愕のラストシーン、それはスリラーなのであります。ウッ。

当のジャクソンさんはすごく元気の無い様子で裁判所を出てきたそうですけど、周辺に集まっているマイコー無罪派は非常に喜んでいました。彼らは年齢層的に「スリラー」の大ヒット以降のファンが中心かなという構成です。

私はかつても今もマイコーのファンだったことはないのであります。が、自分が半ヒナだった頃そこら中で見た人物だという記憶のラベルがあります。社会的アイコンだったのです。いつ頃からか彼に関するニュースはスキャンダルばかりになりましたが、それでもなのかそれ故なのか、どこか気になる存在なのであります。

| いろいろ | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/135-bbc757ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。