PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

イカそしてタコ

100円均一店でイカ煎餅を買いました。袋には"squid snack"と書かれている。"squid snack"とは何事なのか。なんか微妙だけどイカスナックだから合ってるのか。

直径4cmほどのいびつな円盤状をした煎餅の上には、イカの似姿がプレスされています。脚をまとめて横へ流しているもの。また何かを崇めるように、左右二本の触腕を伸ばしている格好もあります。知られざる邪神を描いた古代のトークンのようなのです。そうだ、崇めているのではない。これは襲っている姿なのだ。

以前ですね、海のホラー映画を見たんですよ。タイトルは忘れましたが、以下ネタバレです。超豪華客船が海の真ん中で謎の難破をするんです。そこにもぐり込んでいた女掏摸と、その船の奴と密輸取引をするためやって来たやさぐれ船長が協力し合って謎に挑む。恋の予感!しかし船内にはどこまでも伸びる巨大ウミヘビのような異常生物が!で、主人公カップル以外は皆喰われるんです。

そしてクライマックス、ウミヘビの親方が姿を現します。ウミヘビのようなものは実は触手で、船内にたまった海水の深みからその本体がゆっくり浮上してくるのです。丸い頭。まさかと思う、これが巨大タコなんですよ。タコ。恐怖絶頂のはずの場面でタコのいい顔が出てくるんですよ。

もうね。
でも巨大タコは怖いかも。客船の複雑な構造の中をどこまでも伸びて、獲物の気配を追いかけてくる触手も怖い。海の生物は時に人間と余りに違う姿をしている。そのためなのか、まあいい顔はしてるんだけども、気持ちの根底にじっとり触れる湿った不気味さを持ってもいるのであります。

◇関連情報
足がいっぱいお化けダコ。ちなみに同サイトトップページのdescriptionは「太陽系最大級の超水族館。鳥羽水族館の公式ページです。」
イベント「プロジェクトD」告知フラッシュもイカス。「昼めし食わんでいいで、東京へ行け!」「うんこを煮たのは誰だ!」

| いろいろ | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/154-3b8f43a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。