PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

英語じゃなかった

IRAが武装闘争を放棄という発表だけでも何だかちょっとすごいんじゃないのという気がした。うっすらとした驚きのわけはこの地域の情勢を知らないことと、一方でIRAの名前だけは知っているという脳内事情によります。

現地時間7月28日16時をもって全ての軍事作戦を中止。武器の放棄を部隊に命令。武装解除の検証は受け入れる。解散はしない。今後は政治的な手段によってアイルランドの統一や英国の統治終了を目指す。先方の発表によるとそんな話であります。

夜中のCNNは予定を変更してアダムズという人の記者会見になった。IRA政治部門の長であるらしい。まだ日本語の同時通訳がいる時間帯で、CNNのスタジオでは会見が英語ではない!とあわて始めたのがわかりました。ゲール語だったらしい。アダムズの言っていることが誰にもわからなくなった。しかし、その後は英語で質疑応答などしていたようです。

英国首相はこの方針を歓迎するそうでありますが、疑いのまなざしも世間に多くあるとのこと。まあ急に何もかも好転することはないのかもしれんです。IRAもなんだかいろいろあるみたいだし。

| いろいろ | 19:32 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

良きことなのかな?
テロが続いてるので内輪もめしてる場合じゃない
とかなのかしら?
不勉強な上に国際事情は色々と裏があるようで
素直に喜んで良いのか疑問が残りますよ?

ちょっちゲール語が聞いてみたかったあるよ♪

| 美棒 | 2005/08/02 14:11 | URL | ≫ EDIT

かな?
やっぱテロの影響なのかな。
だとしたらちっと皮肉な気分もする。
UKは一つじゃない!ということはワールドカップの時以外もいろいろ感じさせられます。

| ペり公 | 2005/08/03 01:28 | URL | ≫ EDIT

 アイルランドを旅行中、レンタカーのラジオから流れてきたグリーンスリーブズ、男性の合唱でなんだかちょいと勇ましいくらい、これほんとにグリーンスリーブズ?? よく聴くと英語でない。

 印象に強く残ってしまってダブリンのタワーレコードで漁ったのですけれど、見つからない。店員に尋ねても「あれはイギリスの曲だ、アイルランドのコーナーにあるわけがない」という、しかし我々はラジオで聴いたのだ、耳慣れぬ言語で歌われる、アイリッシュのラジオ放送でこの曲を。

 そう言ったらある店員はしばらく考え込んで「そういうこともあるのかもしれない、けれどおそらく音源はここにはないですよ」と心もち口調も改まったのでした。

 そばの土産物屋では、支払いのときにイギリスの金を取り出したヤンキー娘が追い出されていた。その直後、店主はシャッターを閉め始めた。
 自分もベルファーストで同じようなことやらかして、露骨に嫌な顔をされた。この場合、アイルランドの金を出してしまったわけです。

 ゲール語はとうぜんまったく知りませんけれど、中途半端に知ること、関わることは怖いことなのかもしれない。んでも、やっぱりまったく知らないこと、そしてそれはなぜか侮蔑へとつながっていくこともあって、それらよりは確実にましであるようにも思いました。

| GT | 2005/08/04 01:01 | URL | ≫ EDIT

UKと周辺
そのグリーンスリーヴスは気になりますね、何語だったんだろう。何か訳ありだったのか。

中途半端に知ることは怖いというのは恐らくその通りで、私も耳が痛いところです。
一方侮蔑や嫌悪への道は知らない人にも、半端に知っている人にも良く知っている人にも通じうるような気がするんですね。
とは申せ、知らない場合の方が偏見がわきやすいかもしれないなぁ。

| ペり公 | 2005/08/04 02:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/168-d136a4e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。