PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヘルシンキの日は長い

世界陸上が今終わるところです。それなりに見て、楽しかったです。
民放が毒占中継する世界陸上では毎度、スタジオで進行をつとめる織田裕二の切れ目ない御託と、妙なテンションの現地実況が幅を利かせています。何でもバラエティ・ショーにしなければ見てもらえないという中継局の強迫観念によって、選手に変なあだ名をつけたり競技に珍妙な惹句をのせることも横行するのであります。

それは悪いことばかりではなく、例えばこの世に「槍投げ王国」という王国があることを知ったのは世界陸上中継局のおかげでした。槍投げ王国フィンランド。槍投げ大好き。そもそもがヘルシンキ大会であり、フィンランドの有力選手が出場しているとあって男子槍投げ決勝戦会場は異常な盛り上がりになるのであります。米国大会の100m決勝でもこうは行かないだろうというくらいの熱気なのでしたが、勝ったのはエストニアの奴だった。

エストニアの国旗だ。

そして男子5,000m決勝を見た。ケニヤとかエチオピアの選手が強いみたいです。中に一人オーストラリワの選手が混じっていて、その人がやたらでかい。他の選手の頭の位置に肩がある。スロー展開となったレースを見ながらその豪州選手に「走るエアーズロック」「ボンダイビーチの荒波」「遠近法の破壊者」「高速オカメインコ」「天をつくウォンバット」など好き放題のあだ名をつけておりました。彼はずっと集団の真ん中にいて最後の一周で好位置につけ、結果3位に入るという活躍。注目していて良かったです。

| いろいろ | 03:26 | comments(0) | trackbacks(1) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/179-36d1b7a3

TRACKBACK

このあとすぐ

織田裕二さん、「このあとすぐ」 っていつですか?8月6日から14日に中継されたTBS系列の「世界陸上」では、競技が始まる一時間以上も前から「このあとすぐ」が連発された。いつになったら競技が始まるのでしょうか?正確な競技開始時刻を視聴者に伝える....

| こちら中小企業総務部 | 2005/09/03 08:25 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。