PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

嵐の中の太郎

台風の中はこうなっている!1983年撮影
http://home.att.net/~typhoon1/page20.html

折しも14号が九州に上陸したとか。
台風が近づくと、各テレビ局ではレポーターが風雨の派手な場所に出向き、びしょ濡れになりまた暴風によろめきつつ中継するという慣習であります。若いレポーターがその役に当てられていることが多く、通過儀礼の一種かなとも思えたり。

しかしふじテレビの夕方のニュースだけは、若くもなければ下っ端でもない木村太郎がいつも自ら発進する謎。彼の地位を伺わせるものといえば、他の通過儀礼レポーターが形だけまとっているような安物と違う、しっかりした造りの雨合羽ぐらい。マイクを握り体一つで吹きさらしの海岸などに立っておるのです。

14号の接近にあたり、太郎は何と奄美大島に飛びました。まず海岸を視察した太郎は「台風が来るから危ないよ」などと地元の人に説教。続いて市内に移動、風速40メートルという強風によろめいてムーンウォークになり、約30度の前傾姿勢でオブオブ言い始めた。熱帯の嵐が太郎の言葉を封じる。右手に掲げた風速計は智慧の松明、そして科学的報道の証明だ。
「実際に体験してみることで具体性のある報道ができる」と太郎は言う。しかし単に台風マニアという可能性は未だ捨てきれない。

| いろいろ | 18:01 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

あぁ太郎~~♪
流石の太郎も駄洒落は言わなかったと見た!!
そうか台風好きなのか?と、勝手に納得♪

台風の写真は美味しそう♪(謎

| 美棒 | 2005/09/07 15:22 | URL | ≫ EDIT

クリーム状である
そういえば駄洒落は言っていなかった…
やればできる!

| ペり公 | 2005/09/08 00:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/193-b04d6e21

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。