PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

台風中継

CNNを延々チラチラ見てたのであります。

リタの巨体が米国本土にのしかかり始めると、適所配置されたリポーターたちが予定通りのずぶぬれとなり、風にもまれながら通信を送ってまいります。ガルベストンのチームはさっそくの停電に見舞われ真闇の中。米国は夜なのであります。
画面は時に四分割となって別々の場所にいる二人のリポーターとハリケーンの移動アニメーション、残る一枠は"severe weather expert"という人が占めている。なんだろ、荒天の専門家なんでしょうかね。

そして当代一のセクシーバンパイヤ(というのは今思いついた呼称だが)、自分の番組も持っている中堅キャスターのアンダーソン・クーパー氏も通信員としてテキサス暴風圏に突入。日本でも台風が来た時はNHKなどが番組予定ぶっちぎり報道になりますが、CNNはそもそも24時間放送のニュース専門局。それが緊急時ともなればまさにエンドレス生中継となり、クーパーを始めとするリポーターたちが2時間経っても3時間経っても風雨の中に立っています。

嵐は次第に激しくなり、顔を手で拭っていてもろくに目は開けられず、片手で懸命にイヤホンを押さえながらの中継になってさえ手際よく進行を取り仕切るクーパーの姿に、米国で成功する奴は違うな!と感心しきりの他人事でありますが、明日には肺炎で死ぬに違いない。恐るべしCNNの勤務体制だ。数時間後彼のいるところは本当にひどいありさまとなり、暴風で粉砕された豪雨が荒れ狂う濃霧となって流れるさまが、ガッタガタの映像で送られてきた。

リタは急速に弱まりながら奥へと入って行きました。じきトロピカル低気圧になるのでしょう。カトリーナに比べれば少ない被害で済んだとは聞くものの、まああれと比べても、で建物なんかもそれなりに崩壊したみたいです。嵐の中無人の建物から火が出たり、また略奪行為もあったとかで、火事場泥棒ならぬ台風泥棒もあるものだなと考えたり。

| いろいろ | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/209-3040ef8a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。