PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

グランド相撲ファイナル

こないだ始まった9月場所がもう千秋楽なんてうそみたいだよ。

「アサショーリュー憎し」ブルガリアでは敵役

【ジュルニツァ(ブルガリア北部)24日共同】朝青龍が琴欧州の星に並んだ24日、琴欧州の故郷ブルガリアでは、敵役となったモンゴル出身の横綱の知名度も急速にアップし「アサショーリュー憎し」の声が高まった。

ブルガリアの新聞は連日、琴欧州の結果とともに強敵、朝青龍の取組も紹介。この日、実家のあるジュルニツァ村の村長ヤンコ・コレフ・ヤンコフさん(37)が「アサショーリューは威張ったやつだ。顔も見たくない」と話すと、一緒にいた何人かの村人もうなずいた。

14日目の取組終了後、琴欧州の実家では祖母キナさん(70)が、朝青龍の写真が載った新聞を手にして「この顔を見たら、勝つのは簡単ではないと思うね」と顔をしかめた。

Yahooニュース/共同通信(9/24)

いやーいい記事ですね。モッタイナイに続く国際語、アサショーリュー。 そういうことで今場所はろくすっぽ取組を見られなかったものの、本日は職場で相撲見せてくれとの声在り、リアルタイムで優勝がらみの取組を観戦できたのであります。

まず本割、琴欧州は危なげなく千代大海をリング外へ。落ち着いていていい感じです。これで朝青龍が勝てば両者の優勝決定戦ですが、この一番が凄かった。立合いの刹那、相手の栃東は膝がくずおれ更に後ろへ転倒。掌打がモロに入ったみたいで、昏倒っぽかったです。秒殺とはこのことか。横綱は笑顔を見せつつ支度部屋へ戻り、どうにも余裕綽々であります。

やがて両者の支度が整い、盛り上がる雰囲気の中優勝決定戦がスタートいたしました。片やモンゴル片やはブルガリアと、旧東側世界の国から来た力士の対決でありますね。どうなる!しかし琴欧州は立合いのタイミングを取りはぐったような感じで、そこをつけ込まれてひどくあっさりリングを割ってしまうのでした。もうちょっとこう、力の激突・攻め合いしのぎ合いというようなのが見たかったなぁ。朝青龍はその後涙ぐんで、今場所の苦しさをうかがわせておりました。

朝青龍も琴欧州も大変けっこうで、私個人としてはなに人であろうが強い者が勝てばよいと思う次第なのですが。ですが、この二名に本割であっけなく負けてしまった千代大海と栃東の姿、これが端的に語るものも気になるわけです。ここはちょいと注目すべき点。その点では稀勢の里みたいなのがもっと沢山出てくるとええのですよね。だけど稀な勢いって字だから。稀少動物の稀ですから。

| いろいろ | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/210-393e3a69

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。