PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

十月の蜘蛛

飲みかけのコーヒーカップに手を伸ばしたら、カフェオレの中にクモがドヨーンと半沈み。びっくりしましたわ。

そいつはここ1、2週間ほど室内でよく見かけた、ベージュと焦茶のシマシマがある小さなやつなんです。急に寒くなったし飯にあぶれてでもいるのか、元気のない様子だったっけ。台所で湯を沸かしていれば、炊飯器のコードの上からじっと火の方を見て今にも飛び込みそう。こんな小さな虫も世をはかなむことがあるのかと、そいつを指先に乗せてコーヒーの中から掬い上げ、ティッシュで水気を吸い取ってみると、しばらくしてなんと動き始めたのであります。

動き始めたクモはなぜか両前足を高くあげたり下げたりして、次に口の周りに生えた腕のようなものでしきりと目元をぬぐっている。やがて私の服の方へ登ってきました。歩きながら腹をグリグリ動かしたり、片側ずつまとめて脚を擦り付けたりして水気を拭いているようなのです。牛乳のせいでべたつくのかもしれません。ずっと不自然な歩き方をしてました。

去年の今頃、これも同じ種類のクモでありましたが。
ある夜、薄暗い台所にドンとコーヒーカップを置いたら、その脇でピョーンとクモが飛び上がった。クモに慌てるということがあるのか、何度も飛び上がってはカップにぶつかっています。しばらくするとじっと動かなくなって、やがてむこうを向くと弱々しく暗がりの方へ歩み去りました。

途中でクモは足を止め、ゆっくりと振り返ってこちらを見たのであります。本当です。確かに目が合ったような気がしましたが、彼らの目は4つぐらいあるのではっきりとは申せません。

カフェオレから生還した今日のクモは、もう一度指に乗せて机の上に降ろした途端、一飛びして見えなくなってしまいました。残りのカフェオレを私は飲みませんでした。

| いろいろ | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/217-ea0fc382

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。