PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

イタリア大統領

3日にわたるコンクラーベを経て、イタリア大統領が選出されました(コンクラーベはウソ)。新しい大統領はその名もジョルジョ・ナポリターノ。御歳、80歳。大統領になる前の肩書きは終身上院議員。こうしたわずかなデータからは何やら神職の芳香が漂ってくるのでございます。イタリア大統領って一体何してくれる人なのか。

イタリア政治の長としてメディアにフィーチャーされるのは「首相」の方で、ついこないだまでベルルスコーニって人でした。増毛スキャンダルとかプチ整形疑惑のあった人ですよ。4月の選挙で負けて今月辞表を提出、今度からプローディという人に変わります。世界の表舞台からまた一人、キャラの立った政治家が消えた…。そんな私の感慨は措くとして、大統領に権限がないわけではないにしろ、イタリアで実際に政治を取り仕切っているのは首相の方と見て間違いないようです。

一方、イタリアの元首は誰かというとこれが大統領なんだって。真のイタリア代表は大統領。そういえばトリノ五輪の際も開会宣言はチャンピ大統領(当時)が行い、してからのちに聖火が灯ったんです。あの時初めて私は動くイタリア大統領を目撃し、一体この神秘的な存在は何であろうかと思いを巡らせたのであります。チャンピ前大統領もお年を召した方で、プロフィールを見ると実績はもちろん、大変な教養をお持ちとお見受けしました。

きっとイタリア大統領に要求されるのは政治上の実績だけではないのでありましょう。イタリアの、ヨーロッパの本質を知っていなければならないのであります。おそらくイタリア大統領とは、首相とローマ法王の間にある領域をカヴァーリングする人物なのです。政治上の存在であり政治を超えた存在でもある。かといって宗教的な地位でもない。あなたとこなたのあわいをつなぐ装置、それがイタリア大統領なのだ。

「なのだ」って、勝手に決めるなよ。なぜイタリア大統領にそこまでファンタジーをたくましくするんだよ。ちなみに神秘性の乏しい話題としては、今度のイタリア大統領は元共産党員だそうです。

| いろいろ | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/333-ba3a29e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。