PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

魔術入門

Yahooでニュースを読んでいたらページの片隅に広告が出ているのであります。Yahooのやってるオンラインマガジンで、サラリーマン向けっていう想定の内容を置いている「月刊チャージャー」。リンクテキストが「竹原慎二のボコボコ相談室」に並べてこんな惹句を示しているのであります。「ムカつく上司に復讐!カンタン魔術」。

魔術ってどういうことよ。
どうにも気になってリンク先に飛んでみました。
そしたら、なんか真っ赤な背景に魔法っぽい図形が4つぐらい、その上に

【調査】上司への不満もスッキリ解決!? 
サラリーマンのための カンタン(傍点)

魔術
入門

って肉太に書いてあるじゃないですか。
魔術とは何であるか。魔術の心得とは、その後始末とは…基礎知識を紹介するプロローグが続き、ページの最後にこうあります。

さあ、前置きはこのくらいにして、実際の魔術を紹介していこう!
●次のページは、「理不尽な上司をこらしめる魔術」など

なるほど、ページをめくるとそこから冗談コンテンツに入るわけですね。
めくりましたよ。

(目的)「理不尽な上司を悪夢でこらしめたい」
(魔術名)カヴンの術

自分がバカのくせに部下をバカ呼ばわりする上司。ミスを部下に押しつける上司。意味不明な無理難題を吹っかける常習犯クライアント。…サラリーマンの毎日には、理不尽な悪が満ちている。そんな悪に負けることなく、自らのモチベーションを維持するための魔術がコレ。
(略)

皿に護符を載せて火を着けながら、術をかけたい相手を思い浮かべつつ、反省しろという想いを込めて「サータン サータン オムシグ デルニス サータン サータン」と呪文を唱える。※「サータン」を強く発音するとよい。
(略)

【効果と注意点】
魔術をかけた相手は、連日の悪夢に苦しんで日々の行いを反省する。悪夢でも反省しなければ、肉体的な不調に悩むようになることも。相手に体調不良の傾向が現れたら「もう十分にバチは当たった」と考えて、手を打って魔術の解除を念じてあげよう。(※1ページ目の「魔術の後始末」参照)

あれっ?

(目的)「営業成績をみるみる向上させたい」
(魔術名)蜂蜜の薬酒の術

【効果と注意点】
ヨーロッパの英雄たちに思いをはせながら、ゆったりとした気分でこの薬酒を飲む。あら不思議、みるみる自信と勇気がみなぎってくる、はずだ。リーダーシップを発揮するための「素質」を伸ばしてくれるとも言われるこの術で、できるオトコに変貌すべし。

ああ?

(目的)「昇進を争うライバルを蹴落としたい」
(魔術名)ケプラの術

【効果と注意点】
魔に魅入られて判断能力を失った相手のミスを誘発し、競争から脱落させる。効果の現れ方によっては、相手を不幸のどん底に追い込む可能性があることを心して、濫用しないでいただきたい。

2ページに渡る魔術のレクチャーを経て、最後に「魔術監修者」のクレジットまであるのを目にしてようやく、これは冗談コンテンツではないと気付いた私であります。仕事に不満の若いサラリーマンが自宅に帰るとネクタイを外し、そして魔術を。まさしく、ローハスってやつですね。張井泡太と炎のゴブレットって感じですよ。

ちなみに「竹原慎二のボコボコ相談室」のほうでも上司がむかつくので制裁したいというお悩みが寄せられていました。

相談:
年下の上司がムカつくので、ぶっ飛ばしてやりたい。

回答:
本当に手ぇ出す根性もねぇボケが。

ああもっともだ。
そんな呪文で何が起きる?意思と行動の元でこそ、言葉も手段たりうるのです。
…とはいえ、「ぶっ飛ばしてやりたい」という空想上の復讐に精魂を傾けて怨嗟を煮詰め、ブラックホールのようについには何の熱も発さない冷たく重い元素の塊と化して止まらない重力崩壊に至るよりは、呪文を唱えて護符を焼き、我が願い成就せり、この件解決とする方がずっと賢い生き方なのかもしれません。魔術が本当に出してくれるのは、亜空間にある幻の落としどころなのかもしれないです。

◇参照元
月刊チャージャー「サラリーマンのための、カンタン魔術入門」

| インターネッツ | 00:30 | comments(0) | trackbacks(1) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/344-21764f34

TRACKBACK

重力崩壊重力崩壊(じゅうりょくほうかい)は、末期の恒星が自らの重力に耐え切れずに崩壊する物理現象。恒星は重力によって中心部に向かって凝縮している一方で、プラズマの熱運動や電気的な反発力によって一定の大きさを保っている。原子核融合|核融合が進むと原子量の小

| 天文・宇宙を知る | 2007/07/27 13:06 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。