PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンガルーキック

W杯見てます。

各組の第一試合が行なわれているところで、今までに9試合が終了、私はそのうち6.5試合ぐらいを観戦しました。必死で戦っているチームもあれば探り合うような試合もあって様々なのです。会場には晴れがましくも張りつめた空気が漂い、まだ第一試合とはいえ大事な星を落としたチームの選手は有罪判決を受けた人のようにうなだれているし、他方勝者は涙を流さんばかりの体たらくもあったり、本当に特別な場にいるんだなと実感されるのであります。

客席もこうした雰囲気の影響下にあり、負けたチームの応援団はまるで家族の急死を知らされた人のような顔になって客席にくずおれています。死体が並んでいるようです。どの組も強豪や伏兵で構成されているからには一度の負けで状況が厳しくなるのは確かで、それにしたってその反応は凄すぎないかと思っていたのでありますが。そんな顔になる事情がわかっちゃいましたよ。さっき。

あれは死んだ顔だったんじゃない。尻子玉が抜けた顔だったんだ。カンガルーは全身赤身、オージービーフは牧草育ちだ。(←ここに好きな解説を入れる)
本日「日本、"豪"沈」の見出しを出した新聞はボッシュート。

力なくのたうち回ったその後、気を取り直して米国vsチェコを観戦。チェコの得点場面は最高に美しく痛快で、私は生気を取り戻し尻子玉も新しく生まれてきたのでございます。しかしふと気付くと、客席ではアンクル・サムばりの星条旗柄シルクハット(シルクじゃないと思うけど)を被ったアメリケンが蒼白な生首のようになっているではないですか。野球やバスケットボールの陰に隠れ、それでも本気で世界制覇を目指しコツコツと力をつけてきた米国の蹴球を見守ってきた人々が、いま切ない気持ちだ。わかるよ。でも君たちは逆転されるわけじゃない。

でもこの強烈なガッカリ感もW杯ならではで、これが味わえるのも幸せなのかもなあ。

060613

| 蹴球 | 03:30 | comments(9) | trackbacks(3) | TOP↑

COMMENT

ごめん!
イタリアが勝てばいいです。

| ちゃる | 2006/06/13 10:27 | URL | ≫ EDIT

チェコ×アメリカ
おいらも見てたよ。明日のために・・・ッ!とか言って寝たけど
結局起きられなんだ。だったら見とけばよかった。

チェコの素晴らしいパスワーク、感嘆が漏れました。
特に2点目は蓑虫状態(布団に入ってたからね)にもかかわらず
頭がびよっと飛び出るほどいい意味で裏切られた感。
あすこはファーにパスを出すと思った。
わたすの持論、サッカーはチェスや将棋のようなフィールド競技だ、が
めさめさ生きている試合を見せていただきました。眼福。

アメリカは決して出来が悪かった訳じゃないだけに
世界はすごいなあと思った。

反して今朝。日本×オーストラリアのぐだぐだ試合を見て
どうしてこんな国が勝てると思っているのか不思議でならなかったよ。

わたすはイングランド優勝だと思っている。
がんがれフィーゴ。(違

| あさひ | 2006/06/13 15:32 | URL | ≫ EDIT

Guilty or Glory
大切な試合でミスなどしようものなら、一生涯罪の烙印を押されたまま過ごさなければならず、逆に勝ちに導けばその後何をしても許されるという異次元の世界ですからね。

日本とオーストラリアも、仮に日本がアフリカや中米の風習をもっていたならオージーに呪いをかけるべくカンガルーを逆さづりにして斬首にするなどして生贄にしていたやもしれません。
それを考えるとオージービーフを食ってている日本は平和で何よりです。

| 川の果て | 2006/06/14 00:41 | URL | ≫ EDIT

初めてちゃんとサッカーみたよ
らりわ×日本の試合みた!
これまではニュースのダイジェストしか見たことなかったので、
せっかくの機会だからと思って初めて最初から最後まで全部みた。
んだけど・・・

ゴール前でだんごになる展開がとても多くて驚いたよ。
私のもっていたサッカーのイメージだと、敵のパスを途中で奪うとか、ゴール前に行ったらパス出すよりもがんがんシュート!跳ね返ったボールをさらにダメ押しのシュート!!みたいに思っていたので。
私はホント門外漢なんだけど、でも、全員がボールに磁石みたいに引きつけられすぎて、フィールドの片側にはキーパー以外、全然いなくなっちゃうのはヤバいんじゃないかと、ハラハラしながら見ていただよ。

らりわも有り体に言ってそんなに巧くなかった(ように見えた)ので、それなりに接戦のような運びだったけど、ブラジルと当たった時なんかはきっとワンサイド・ゲームになってしまうんだろうか。
今からかなりブルーだよ(;´Д`)

| くろえ | 2006/06/14 17:36 | URL | ≫ EDIT

エミューの卵は緑色
>ちゃるさん
ああ…(笑)

>あさひ君
米国は弱くて負けたって感じじゃなかったすよね。チェコも激強いというよりむしろ「間違わなかった」とでもいう感じ。とても面白かった。
豪州は作戦がはっきりしていたと思いました。日本はその点、混乱があったろうかとも考えます。
イングランドは不気味ですよ。決勝トーナメントでルーニーが入って本格始動→爆発かも。最少失点で負けといたパラグアイは大人っぽかった。

>川の果てさん
だいぶ以前、W杯の控え室でアフリカのチームがイケニエの儀式を行い、部屋が血まみれになったという話を聞いたことがあるのですが…都市伝説?
ゲンを担いでオージービーフを食べるのはすごく遠回しなイケニエ儀式かもしれないです。サポーター自らが神となってイケニエを食らうという。で腹いっぱいという。
あんまり効かなさそうなところがやっぱり平和ですね。

>くろえさん
すごくポイントを突いた観戦をしてると思います。
「フィールドの片側にはキーパー以外いなくなっちゃう」のがモダンなサッカーらしいよ。攻めて行く時は陣形全体が敵陣側に移動していくわけですね。
そのかわり、敵が球を奪って前線の選手に素早く渡したりすると大ピンチになるみたいだよ。つまりそのハラハラが、スリルですよ。
オーストラリワはへぼいと思う。ブラジルは一戦目ウォームアップでもしてるみたいだった。こわい。

| ペり公 | 2006/06/15 02:12 | URL | ≫ EDIT

え!そうなの!!>モダンなサッカー
それだと、フィールドの端から、もう一方の端まで、何度も全速力で往復しないといけなくならない?今回のように暑い環境で、なおかつ相手チームの選手の方が脚が長い試合だと、脚の長さで不利な日本のチームにとっては、より体力の消耗が著しいからあまり芳しいスタイルとは言いにくいような・・・。
いやもちろん利点が大きいからそういうスタイルに落ち着いたんだろうけどもさ。素人の私の眼には、プラスの要素よりもマイナスの要素の方が大きいように見えたなぁ。

あと
>控え室でアフリカのチームがイケニエの儀式を行い、部屋が血まみれ

え!何これ!!ホント!?
すげーーーー! 祟り攻撃!?
怖っ!!!!!!!
日本チームがやるとしたら、大手町の首塚へでも詣でるのだろうか。
でなければ華厳の滝に相手チームのユニフォーム着せた人形の皮に石ころを詰めて沈めに行くとか・・・。
こ、こわい!!!!!!

| くろえ | 2006/06/15 03:01 | URL | ≫ EDIT

>くろえさん
体力はすごくいるみたいですよ。
現代ではじっとしてる選手は役に立たないと言われてしまうらしい。大変だ。
でも考えてみれば、もし守備の人がずっと後ろに居っぱなしで、前線に攻撃の人がとどまってたら、真ん中の人が死ぬほど走らないといけない気がしますよ。
ボールを追ってみんなが動く方式の方がバランスはいいのかも?

>華厳の滝に相手チームのユニフォーム着せた人形の皮に石ころを詰めて沈めに行くとか・・・。

怖いよ。
ものすごく怖いよ。

| ペり公 | 2006/06/16 23:54 | URL | ≫ EDIT

そ、そうか。そうかもしれん!
>真ん中の人が死ぬほど走らないといけない気がしますよ。

なるほど。そのとおりだ・・・。むむー。
「おぉっと、ロ~~ングパスだー! チャーーーンス!!」
の機会を活かせない日本が、まだまだ下手っちぃだけなのネ。
日本以外の試合を見たら、そのことがよくわかっただよ(´・ω・`)

サッカーって、こんな面白いもんだったんだねぇ。
ド素人の素朴な疑問につきあってくれてありがとう。
ぺりハムさんlove。

| くろえ | 2006/06/17 17:17 | URL | ≫ EDIT

あ〜いやいや
>くろえさん
いやいや、私も素人なんですよ。小難しいことはわからないです。
ただ、「私はこの試合をこう分析した!」というような話は、その分析が間違いか否か客観的に検証されうると思うんですけど、一方「私はこの試合を見てこう思った」は個人の主観によるものだから、素人か玄人かは関係なく誰でも言っていいんです。たぶんね。
サッカーの感想とか疑問とかは、呈するに遠慮は要らないと思いますです。

| ペり公 | 2006/06/18 21:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/346-aad08d45

TRACKBACK

サッカーですってね。

ここから先、日本代表がんばれ!の方にとってアンチな内容を記します。 ムカつく人は読まないように。 試合終了後の1ch、笑ってしまった。まるでお通夜でした。 オーストラリアは絶対勝てる?アホか。 オーストラリアはプロリーグ開幕後もの凄い勢いで成長していた。 今ま

| 土佐ニッキ | 2006/06/13 21:22 |

JPN1-3AUS

 はうううううううう(ためいき)。  普段にもまして仕事の手を抜き、速攻で帰宅して斎戒沐浴、食事もすませてテレビの前に正座して待機していたのですが(プライベート・ビューイング)。  最初の25分はドキドキして、中村のゴールで「おおこれはいけるかも」とわくわく

| 0.3% Weblog | 2006/06/14 02:17 |

ドイツ-エクアドル

試合に先立ちまして、日本がブラジルに2-0で勝つために何か断ったりしている方が多いようですが…私とりあえず、久方ぶりに成分解析で「日本がブラジルに2-0で勝つために」を解析してみました。結果が出ました…日本がブラジルに2-0で勝利するためにの77%は呪詛で

| 川の果ての更に果てに | 2006/06/20 22:52 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。