PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

W杯アフターアワーズ

まだ起きてんじゃねえ。
いや自宅のインタネット回線の様子がおかしくなりまして。自分のウェッブログにもつながらない、Googleはトップページに行けるけど検索できない。十中八九言われることは「エラー!リモートサーバーが見つかりません」。まいったじゃーん。でもADSLモデム(って言うの?)から一度線を引っこ抜いて挿し直したらスパッとつながったよッ。どういうことだいッ。やはり時折鈍重になるけど…。

さてそんな不調の時間も、不思議なことにYahoo!にはつながったんです。場合によって(特に画像類)読み込みに長大な時間を要したものの、トップのリンクからニュースのページに行くぐらいなら問題なく、ジダンの頭突き関連ニュースも読めましたです。
いいなと思ったのはこれですわ。

■退場のジダン「許そう」肩持つ仏各紙

11日付のフランス・ソワール紙は「分かったよ、ジズー」と同選手を愛称で呼び掛ける見出しを掲げ、今回の暴力行為は母親に関する侮辱の言葉が引き金になったとの見方を紹介。

(略)

パリジャン紙は1面に「好きだよ、ジズー」との見出しを掲載。10日実施の世論調査で「ジダン選手の行為を許すか」との設問に61%が許すと答え、許さないと答えた人は27%にとどまったと伝えた。

from: 07月11日、共同通信/Yahoo

分かったよジズー。好きだよ、ジズー。日本の新聞ではちょっとなさそうな感覚の見出しなのであります。一方イタリアの新聞では…

■英雄?悪役?ド派手“マテ劇場”

だが、イタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトは「クレバーな活躍。点を取り返しジダンを退場させた。相手をよくいらだたせた」と賛辞を並べた。悪役とはいえ母国にとっては英雄に違いない。

from: 07月11日、スポーツニッポン/Yahoo

「よくやったよ、マルコ」っぽくなっている。
人を苛立たせるセンスはあるが、こっそり物事を運ぶのは上手くないマルコ。そんなマルコが何を言ったか正しく分かる日が来なくてもいいですが、はっきりしない物事は憶測を呼びがちで、騒ぎが変な風に育ったり商売になったりするかもしれない。一度双方が正式なコメントを出すのもいいんじゃないかと思うのであります。

ジダンの退場それ自体は、裁定の権利を持つ人がルール違反にあたる行為を確認した上でくだしたものなら、規則上正当なものだろうと思うのであります。もちろん、これから喧しそうなのは倫理上、気持ち上の問題なんだろう。それらは全部すっぱり分けられるものでもなかろうし。

| 蹴球 | 04:18 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

ジダン氏、テレビに出て語ったようですね。でも「具体的にどう言われたか」は明言しない。まあだいたいのところは「うん、そんなかんじ」と認めているようですが。
しかし過去の実績等からもマテラッツィよりやはりジダン贔屓が優勢な模様。これもまた人徳というやつでしょう。私だって二人並べたらどちらと友だちになりたいかといえば、そりゃジダンを選びます(笑)。「言葉の暴力の存在をアピールするために」わざと退場になるような行為をしたのだ、というジダン陰謀説もステキですし。
MVP取り消しなどというのだけはやめてほしいですね。だったら決勝戦を見る前に投票したジャーナリストたちの投票権を剥奪するべきと考えます。

| ぱと | 2006/07/13 23:56 | URL | ≫ EDIT

頭突きが世界的大問題に
>ぱとさん
マルコの方も消去法で「…そんな感じ」とうっすら認めたりしてるみたい。しかし世間的には、ジダンは退場に足ることをしたけどその気持ちはわかる、って雰囲気のようです。人徳って大事だなあ。
その「ジダン陰謀説」はいいファンタジーにつながりそうですね。偉大な選手が最後に自ら汚名を着て、栄光と引き換えの問題提起を行なった!彼が最後にまいた種が、人の心に花を咲かせたのだ!!…みたいな。ほんとかよ。
MVPを取り消すなら選考方法も考え直した方がいいように思いますね。

| ペり公 | 2006/07/14 01:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/357-75ed652c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。