PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

疾走

一連のメンテナンスでは事なきを得たものの、歯科だけは武力行使の日々が続く。行きつけの、と飲み屋みたいな言い方をしてもいいくらい馴染みの歯科医院であります。「へたれ・ビビリ・痛がり」という私の三悪趣を知り抜いているためか、何かというとまず麻酔を打ってくれるんです。しかも麻酔の薬を塗った上で痛くないように本番の注射を打つという懇切丁寧な二段構え。 ちょっと恥ずかしいね!

この念入りな麻酔によって「痛がり」の項目は解決されるわけですが、問題なのは依然私がへたれでビビリであることです。麻酔をしたからもう削られても痛くないと頭では理解できるし、実際体の方も痛みを感じない。のに、あの小さなドリルが激しい高周波を出し始めた途端私はトロッコに乗せられたみたいにあらゆる理性から飛び去って、真っ暗な坑道を走る忌まわしいレールの上を爆走してしまうのです。

涎の嚥下ができなくなり、呼吸のタイミングがわからなくなり、ドリルがすごく尖っていて高速で回転していることとか、狭い口腔内は柔らかな粘膜で覆われていることとか、今むせそうなこととか、困ったディテールばかりがピックアップされ、来るべき大惨事のシミレーションがひどいコマ落ちで脳内を巡りつづける体たらくであります。

これではいかんと私はなけなしの蛮勇をふるい、妄想には妄想の相殺を図るのであります。そもそも、虫歯治療には危険がいっぱいだ。リスクを冒してビクトリーだ。医師と患者は一心同体となってこの戦場を駆け抜けるパートナーたらねばならない。先生はエンジンだ。私はサイドカーだ。かくてドイツ軍の格好をした医師と私がそれぞれオートバイとサイドカーにうちまたがり、爆発の中を疾走する絵ヅラが見えてきました。私は泣きながら力の限り手榴弾を投げた。何個も何個も。だが進路上に!

| いろいろ | 00:33 | comments(3) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

わかります!!
歯医者はいやです。コワイです。分かります。

ぺり公様のブログを読みつつ何度もうなづきました。

歯医者はいやだよ~えーほっほー♪とか
楢山節考 みたいな歌が流れますた。

でも歯科治療は大事。。orz
お大事に。

| ちゃる | 2006/10/24 09:10 | URL | ≫ EDIT

ドライバーの腕如何もまた
重要な項目でして。
ドライバーがサイドカーの人間の安全確認をして呉れればまた、作業もスムースだったりするんだけども。

たまに、前方のみを凝視するドライバーだったりするとね

唾液の吸引中に頬の内側の肉やら唇やらを吸われてみたり
初歩的な吸ったら吐くという呼吸すら打ち捨ててみたりね
悲しくなります。
 そうなると、サイドカーに収まっている限り私は、只管
運転が止むのを祈るのです。

| あさひ | 2006/10/27 18:36 | URL | ≫ EDIT

バニシングポイント
>ちゃるさん
その楢山節考の歌?がなんだか「山寺のおしょさん」のメロに脳内変換されてます。
微妙に冒涜的です。どうしよう。

>あさひ君
あるよあるよ、ほっぺたの内側吸われたよ。不意打ち的に変なところ吸われますよね。
サイドカーは完全なる受け身の世界なのだろうか。やはりそこが一番怖いところだと思いますし。

| ペり公 | 2006/10/29 23:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/390-f1f07071

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。