PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

禁煙日記again(3)

11月7日(十六日目):
どういう時にタバコが吸いたくなるのか。
ひとが吸ってるのを見たとき、コーヒーを飲んだとき、ご飯を食べたあと、そういう場面でいくぶん刺激されるのはほんとうだ。けどちょっと知らない振りをしておけばじきに何でもなくなる。が、心理的プレッシャーを体験する前後に湧いてくる喫煙欲はより深刻で、長く続いて、あぶない感じがするわけだ。脳内では、メジャーカレンシーといえばニコチンだけ!外貨さえ入ってくれば飢えた人民が救われる!と上げ底ブーツの国防委員長が口パク絶叫の体だけど、ものすごくドメスティックなメロの軍歌みたいな曲が音量MAXでかぶってるから実際何だかわけわかりませんわ。
11月8日(十七日目):
タバコをやめたらどんないいことがあったか。
1)空気が吸いやすくなった。これは一番最初に発現。
2)食べ物がおいしくなった。今食欲不振中なのでまだ肥えてはいないけど。
3)寝起きが良くなった。今不眠気味のため2時間で覚醒するけど。
4)肌がきれいになった。今不眠気味のためクマはクッキリだけど。
11月9日(十八日目):
タバコをやめたらどんな悪いことがあったか。
1)心が折れた。
2)まほうが解けた。
3)ふしぎな旅が始まった。
4)生きることの切なさがよくわかるようになった。
11月10日(十九日目):
軟膏の雄・テラマイシンを買うには、なんと住所氏名が必要だ。
テラマイシンのくせに。
11月12日(二十一日目):
そろそろ離脱期間が終了してニコチンが体内から消えるはずなんだけど、喫煙行為がしたくてたまらない恥ずかしい変態は私でございます。この件に関して少しあっれーと言いたい。喫煙欲は禁煙日数に比例して、ゼロに向かってきれいに落ちていくものではないみたいだ。禁煙の先達rojiさんから3のつく日は鬼門!と教えてもらったんだけど、なるほど3週間目は鬼やら蛇やら、軽く橋田壽賀子でも出そうな感じかも。その後ろにはもちろん、石井ふく子が仁王立ち。
11月15日(二十四日目):
萎え系小鳥店の入り口に置かれたカゴにはセキセイインコのツガイ。
メスがでかい。
とにかく、メスがでかい。
大きなメスは一番上の止まり木にそびえている。可憐な藤色の小柄なオスが一番下のエサ箱に止まり、みがいた石みたいにつるんとした目を光らせクチバシをあぐあぐさせている。そしてメスが飛び降りてくると彼は花びらのように四散してしまう。
11月16日(二十五日目):
美容院は甘くスパイシーな香り。前回来たのはひと月以上前でその時は喫煙まっさかりだったから、それがわからなかったらしい。複合的な香りの中に懐かしい感じのものもある。子供の頃に近所の美容室で嗅いだにおいだ。住居の一階を店舗にしているところだった。客の席は二つだけ、それから壁にへばりつくように置かれたドライヤーつきの椅子、小さな書棚の陰に待ち合い用のソファがあった。あらゆる場所は髪につける液とかスプレーを納めた容器で埋められていた。櫛とブラシとパーマ液のにおい。ソファに潜り込んで読んだ少年探偵団の本はあらゆるページがもげていて、いつも物語は途中から始まり、いいところで途切れてしまう。事件はいっこう解決しない。

| 禁煙日記 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/403-117587d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。