PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

奴らは町へ

産業上の小ネタを炸裂させるために存在するダミー標的としての年中行事、ボジョレーヌーヴォ解禁。また来ちゃいましたね。やって来ちゃいました。あれから1年も経ったなんて、去年の今頃は翌年のW杯待ちで、ジダンの頭突きも夢にも思わず、幸せだったなあ。今年はなんだかあれこれですごく苦しいよう。

というこっちの話はさておき解禁直後16日のニュースには、「ヌーボー解禁 ワインレッドに染まる 軽井沢のスキー場で」という狂気をはらんだ俳句みたいな、そして「ヌーボー」「ワインレッド」「軽井沢」というごく平均値の単語が混合したらアシッド発生、という目がしょぼつくような見出しだったりするのであります。本文の字づらも何だかすごくて!

15日午後11時50分にスキーのリフトが停止。ゲレンデが照明でワインレッドに染まると、頂上からたいまつを手にスキーヤーとソムリエがゆっくりと滑降した。解禁を告げるファンファーレが鳴ると、待ちわびた人たちは一斉に、白い息を吐きながらグラスを傾けた。

from:まいにち新聞/Yahoo

ていう、とても黙示的なものなのね。
あるいはどんなサバトだよと。
停止した世界の赤く染まった雪原をゆっくり滑降してくる、たいまつをかざしたソムリエ。BGMは「モア」(『世界残酷物語』のテーマ曲)って感じです。つうか、ソムリエって一体何者なんだ。

てなところで、ぱとさんのエントリーを拝読し「うっわ」と声に出ました。
箱根の露天風呂にタキシード姿のソムリエが現れてボジョレーを惜しげも無く注いだところ、その風景はまさしく血の池地獄に。温泉地の伝統的コンテンツ「地獄巡り」におけるまさしくヌーヴォー(新しい)な定番メニューとしての存在感を示したという内容であります。はあ。

つうか、ソムリエって何者なんですか。

| いろいろ | 02:25 | comments(0) | trackbacks(3) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/404-63641c73

TRACKBACK

去年に引き続き今年もバカ

露天ワイン風呂で解禁祝い たっぷりボジョレ・ヌーボー (共同通信)  やれやれ。去年も書きましたが、今年も懲りずにやってらっしゃいますよ。  ほんとにこの「箱根小涌園ユネッサン」ってところはバカだねえ。  ヌーヴォーで騒ぐのはまだいい。仕方ない。日本人、初モノ

| 0.3% Weblog | 2006/11/22 14:33 |

▼ボージョレ新酒:ヌーボー世界一斉に解禁、出来も良く予約は好調

 1.始めに イタリヤの『ビーノ・ノヴェッロ』が今月6日に解禁になり、フランスの『ボージョレ・ヌーボー』を待っていたが、いよいよ今日0時に解禁となった。                       2.ボージョレ・ヌーボー1)名の由来 フランスのブルゴ..

| 明日への道しるべ@ジネット別館 | 2006/11/22 20:02 |

知ってるだけで日本を守れる?タブー?2007/11/17【在日特権】

日本国民として、今、知るべきニュースがある。純日本人も、在日の方も、とりあえず知って然るべきことだ。なんと、在日朝鮮人・韓国人に対して、「特権」があるという。裏で囁かれていたのは知っていたが、実際に表に出るのは珍しいことだ。しかし、TVでの放送は無い。なぜ

| 知、それは力 | 2007/11/18 04:33 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。