PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

年頭御挨拶

070105

あけましておめでとうございました。

| いろいろ | 19:48 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

牡丹鍋
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年が、ぺり公さまにとって良い年となりますようご祈念いたします。

で、この猪なんでございますが……なんかウルトラマンAの「超獣」っぽくてグーですね。超獣バラバっぽい。
問題は「人間の目」の部分、これが誰の目になるかでずいぶん印象が違ってきますよね。
もし、「ルパング島のジャングルから出てきたばかりの小野田寛郎少尉」の目だったりしたら、わたしは失禁してしまうかもしれません。ジワリ~

| 棟田伍長 | 2007/01/11 20:38 | URL | ≫ EDIT

目ぢから
>伍長さん
いやいや、おめでとうございます。まだ旧正月前なのでまったく問題ないですよ。伍長さんも息災に一年お過ごしくださいまし。

目の違いで大違い…というのはまさにその通りですね。
これが密林の小野田少尉だったら野生の猪でも逃げますよ。
じゃその真逆は?と「世にもユルユルな目」を脳内探索いたしますもこれといった例が浮かばずで。内山信二とか?

| ペり公 | 2007/01/13 00:33 | URL | ≫ EDIT

名脇役
「世にもユルユルな目」ですね。わたしも考えてみました。
今の人なら神戸浩あたり、昔の人なら藤原釜足なんかどうでしょうか。このふたりの目であれば、むしろ惻隠の情が呼び起こされそうな気がします。先輩、ぼくがかわりに芋掘ってあげますよとか、泥浴びのときは介護させてくださいとか、優しい申し出のひとつもしたくなるような……。

| 棟田伍長 | 2007/01/13 15:31 | URL | ≫ EDIT

ゆるい顔
神戸浩はこの方ですね。
http://dir.yahoo.co.jp/talent/6/m93-1016.html

優しさでも癒しでもない、ユルい目。触発される保護本能。ユルユルな目ゆえに後輩が芋を掘ってくれたり泥浴びの介護をしてくれるんであれば、ユルさもまた生き延びられる可能性につながる要素たりえますね。

| ペり公 | 2007/01/15 00:37 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/420-3ba4b50c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。