PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

聞いてくれ

いま帰宅したところ滝のようなスコールで、干しておいた布団が高野豆腐の煮付けみたいにジューシーな状態だった。

ものすごくショッキングで、哀しい。
私は死体を隠すようにそれを風呂場に押し込んだ。

| つぶやき | 21:40 | comments(3) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

南国
高野豆腐の煮付けみたいにジューシーな布団……。描写の的確さに笑ってしまいましたが、重さといい取り回しにくさといい、まさに死体ですな。いえ経験したことはありませんが。

私といえば、その時間、チャリで青梅街道を爆走中でした。泥除けの付いていない私のチャリでは、全力疾走するほど後輪が水を巻き上げ、背骨と後頭部に放水リンチを食らったようで、何だか笑ってしまいましたよ。

それにしてもこの国は既に南国ですな。緑色のインコは群れを成して飛んでるし♪

| roji | 2008/07/30 12:59 | URL | ≫ EDIT

わかります
 自分は、寝袋でやりました。
 洗濯機に押し込んで、無理矢理、脱水をかけたら、破裂しました。
 強制搾りはよくありません。
 滴搾りが宜しいかと。

| 尚休 | 2008/07/30 21:17 | URL | ≫ EDIT

布団が乾きました
あとでよく確かめてみると内側が意外と濡れておらず、本日の天気予報:降水確率10%に賭けて出勤前に干したところ、一日でだいぶ乾きました。よかった。

>rojiさん
あの水の弾幕の中、自転車で青梅街道を!
放水リンチを連想するほど水を巻き上げたのもすごいですが、ふつうに放水リンチを連想しながら笑ってしまったあたりrojiさんたる所以でしょうか。
濡れた布団は実存としても、象徴としてもキツいです。ほんとに、死んだ大きな何かのようでした。

>尚休さん
寝袋が脱水で破裂したんですね。丈夫そうなのに。
私も実は、気合いを入れたら布団が洗濯機に入るのではと思いチャレンジしましたが、それはファンタジーだとわかりました。
翌朝物干にかけるとダーッと水が滴り落ちてきましたよ。

| ぺり公 | 2008/07/30 22:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/480-9f7d78d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。