PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

仲の国(Middle-earth)大五輪

大五輪開幕ですよ。
開幕式典では、パンダ大サーカスで西洋人の観客が猛抗議。五輪の輪が全部真っ赤。3時間に及ぶマージャン牌大ドミノで聖火点灯。バスケットボールのヤオ・ミンを模した全長50mの長征ロケットが打ち上げられ最後に落ちてくるなどは一切無く、脳内で醸造していたしょぼい妄想も忽ち雑菌の巷に早変わりです。ただ、人間活字のパフォーマンスで最後、活字のオブジェに入っていた演技者たちが一斉に顔を見せ、笑顔で手を振った場面が、ナイーブな社会主義芸術の一場面みたいな感じがしてよかったです。

選手入場の場面では、VIP席にふくだ、プーチン、ルカシェンコ、そして米国大統領に似た人がいるのを目撃。米国大統領に似た人がいたとしても、それは本当に本人なのかとこのごろ疑ってしまいます。その同じ人が、続く報道で星条旗を片手にはしゃいでいたり、よれよれのシャツにサンバイザーをかぶってビーチバレー選手の臀部をニヤニヤ眺めているように見える姿の写真が出回るにつけ、世界の重要な場面に押される「米国大統領」というスタンプがここにもあるだけで、しかしそれには落書きがなされているという妄想的解釈に悩まされるのであります。

プーチンは国があんな具合なので即帰ったみたいです。
グルジアの領内にある南オセチアって地域ではグルジア・ロシアの両軍が交戦しているのだけれど、国境を挟んですぐ北のロシア側にある北オセチア共和国の首都、ウラジカフカスにプーチンが現れて記者会見をしたらしい。このウラジカフカスという街は相撲の露鵬、そしてひなげしのような髷でおなじみ(なのか?)の白露山(二人は兄弟)の故郷であります。

いまのところ、敗退した男子蹴球をはじめいろんな競技を見ましたが、重量挙げとエアピストルがおもしろかった。どちらにも孤独で、緊張感に満ちた世界があるのです。バーベルや的はツールではあるけど、どうも最終目標ではない気がする。競技者は自らに起因するものごととのみ強烈に対峙しているように思える、生とはそんな場処かもしれんのですが、スポーツにおいてそれは一層濃密なのではないかと想像するのであります。

| いろいろ | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/482-fdf31f55

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。