PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

電波国歌:パラグアイ [南米]

【電波国歌】はインタネット経由で各国の国歌を探し、歌詞をツールで和訳することによって生まれます。謎の文章を通して、知識と理屈によらない理解があなたの脳に差し込みます。

■パラグアイ共和国
国歌:パラグアイ人、共和国または死!

3世紀には、治世はアメリカの不幸な民族を圧迫しましたが、
彼らの怒りが喚起されて、ある日、彼らは、以下を言いました。
「この終わり!」そして、治世を壊しました。
壮大に戦って、私たちの祖先は彼らの軍の栄光を表示しました、
そして、厳かな王冠が砕かれたとき、彼らは、自由の凱旋のキャップを上げました。

(コーラス)
パラグアイ人、共和国または死!
それは、私たちの最終的な自由を私たちに与えた私たちの力でした。
統一と平等(統一と平等は勢力を振う)が勢力を振うところで暴君も奴隷も続くことができません。

※1番の歌詞
[1846年制定]

チラベルトはどうしているのかな。

参照:Wikipedia, http://www.nationalanthems.info/
翻訳:エキサイト

| 電波国歌 | 22:22 | コメント(-) | trackbacks(0) | TOP↑

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/544-5e64bade

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。