PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

その後の大相撲

おまえらグダグダじゃんと怒られた大相撲も、再びテレビ中継しております。家の脇に勝手に生えてきた木の枝を切ったらまた衛星放送が入るようになりまして、BS2だと13時頃から、下っ端の取組を見られるのです。けっこうですなあ。

下っ端って言い方は良くないな。幕下以下のお相撲さん。
すごいしこ名がいっぱいなんですよ。

大昇鬼(だいしょうき)
鬼嵐(おにあらし)
鬼勝(おにかち)

鬼ってデビルでしょ。不吉でNGなのかと思ったらそうじゃないんですね。

魁戦龍(かいせんりゅう)
輝面龍(きめんりゅう)
大翔龍(だいしょうりゅう)

ドラゴン系・変換候補に出にくい漢字。召喚獣ですよね。

貴輝鳳(たかきほう)
神泉鵬(こうせんほう)
宝香鵬(ほうかほう)

フェニックス族。このきらめき感とホーリネス!

このような字面の強さ、ファンタジックなイメージ、画数に詰め込まれた重々しい意味と期待。呪文のような、あるいはきらびやかな石を連ねた開運ブレスレットみたいなしこ名が増えたと思います。

反動で即物的なしこ名が増えるかもしれない。
ポワワワーン。

外人(がいじん)
外国(とつくに)
豊満(ほうまん)
太鼓腹(たいこばら)

三役以上は入場曲を持つことが出来る。
国技館の屋根が開くようになる。

| いろいろ | 22:47 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

相撲取り裸で風邪ひかん
 「かいせんりゅう」って四股名、なにか身体がかゆくなりませんか。そして「ほうかほう」という響きはなにやら中共政府要人のようです。
 関取の入場曲、実際やればいいのに。「ああ播磨灘」という相撲漫画を思い出しました。さだやす圭さんの作品でした。あのころのモーニングって、さだやす氏の他にもたかもちげんとかかわぐちかいじとか、ひらがなの多いペンネームで大風呂敷を広げまくる漫画家がひしめきあっていた印象があります。たぶん、わたしだけの歪んだ記憶です。ごっつぁんです。

| 十五榴 | 2010/09/30 21:16 | URL | ≫ EDIT

疥癬問屋
>十五榴さん

わあご無沙汰してます。
「ひらがなの多いペンネームで大風呂敷」作家と聞いて、なぜか「ひろ○ちや」「まど○ちお」が出てきちゃいましたので、黙って飲み込みます。大風呂敷じゃないだろ。フィロソフィーだよ。

それはさておき、入場曲とか、スポットライトとか、たまにはやればいいのに。
ホーミーが流れる中を白鵬が出てくると、神秘だと思います。
あと、太刀持ちの人が刀抜いてるとかですね。

| ぺり公 | 2010/09/30 22:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/564-97d11d7c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。