PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Reverse

夏に掃除機を買いました。

候補は2つあったんです。

1つは4,000円の激安スタンド型掃除機。魅力はまず異常な安値。しかも軽量小型で、出すに易く仕舞う場所も選ばない。掃除を思い立ってから実際に始めるまでのタイムラグが短縮できそうであります。このタイムラグ、以前は1週間ほどありました。めんどくささという超巨大恐竜のまだるっこしい神経網をダラダラ通って、1週間後に「アッ痛っ!」て脳が言うんよ。で、ようやく脳から命令が下りて、掃除が実際に始まるまでにもう1週間、当然かかるのであります。

もう1つの候補はロボット掃除機。ルンバ…もどき。
ルンバにそっくりで、2万円で買えるやつがあるんですよ。2万でも安かないけど、ロボット掃除機が宅にあって、スイッチ入れたら勝手に掃除してくれるというロマンを買うんだよ。めんどくささが解消される上に、ロボットの子分ができるという近未来小市民ライフ。楽しそうなのであります。

私は瞑想しましたが、激安の方を買ってしまいました。

どうかというと、すごい弱い。

激安掃除機はサイクロンという商品名で、それだけ聞けばまるでダイソン。半透明の体内でゴミがクルクル、サイクロン状に回ってるのが見えるのね。吸い込み口から逆Uの字のパイプを通って、クルクルのエリアに行くんです。でも、この吸い込み口がケチな野郎のけつのめどみたいに小さくて、吸引力は甚だしょぼい。けつから吸うやつはいないから、やはり口なのだけど、とんだおちょぼ口で。ちょっと大きなゴミだと逆Uパイプを超えられず、吸い込み口のちょっと上でふーらふーら上がったり下がったりしてるんです。まるで浄土に行けない幽霊みたいに。輪廻できないの。

スイッチを切ると、この成仏できないゴミ共がザラー!と吸い込み口から吐き出されてきます。何だか考えさせられる光景です。ゴミを吸い込む。ゴミが浮遊する。私の日常が収集され、サイクロンで回るのが見える。ゴミをばらまく掃除機。それは物理の法則が現れただけの光景から、奇妙な連想を起こさせるコンセプチュアルな機械でした。たったの、4,000円だったのであります。

| いろいろ | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/573-61716f9a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。