| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

暗い日々

大地震から11日ほどたちました。
東京に電力を送っていた発電所が、地震の害を受けてあちこちで止まってしまいました。電力会社は計画的な停電を地区ごとに行い、需要をカットすることで辛くも致命的な事態を防いでおります。

街に出てみますと、節電によって全体に薄暗くなっているのであります。商店街では昼間の照明を大幅に減らし、いつか写真で見たトルコのグランドバザールみたいに、暗いアーケードに商店の灯が漏れ出て、ぼんやりと照らしています。そうした商店の看板やネオンサインの多くは消してあります。下りエスカレーターはどこでも止まっています。

スーパーマーケットもだいぶ暗いです。陳列棚の照明を全部消すとスーパーがここまで暗くなるとは、意外であります。少しでも隙間が出来ると、親のカタキみたいに店員が品物を詰めていた棚。しかし今や牛乳、ヨーグルト、納豆のところは空っぽです。パンや弁当は増えてきましたが、棚はやはりまっ暗です。

電力を巡る緊張はいつまで続くのだろうと私は考えたりします。そのうち元に戻るんだと、ふつうに私は期待しているらしいです。本当にそうでしょうか。元に戻るとすれば、それはどういう状態を意味しておるのでしょうか。頭を下げて怒られている電力会社の幹部をテレビで見て、なぜ他人のすることのように思えるのでありましょうか。電力会社の向こうで明かりをビカビカに灯していたのは私なのに。

| いろいろ | 23:19 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012/10/31 19:25 | | ≫ EDIT

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012/11/08 08:14 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/591-7d333ed9

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。