PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

蹴球・イランに負ける

蹴球ワールドカップ最終予選の第二戦目はアウェーで対イラン。ヒゲ野郎ばかり10万人(がんばれば12万人)を収容するテヘランのアザデー・スタジアムにはホメイニーとハメネイ、イスラム革命の父とされる二人の巨大肖像画が掲げられ、他にない圧迫感を発散しています。国歌の前にコーランが流れます。

前半イランに先制されて不吉な幕開けとなったものの私はなぜかあまり緊迫を感じず、同点に追いついたあとは脳内でマハダビキアの眉毛をレタッチして、つながってるところを消すぐらいの余裕があったのです。ところが試合時間15分を残して再びイランが得点。その後わが方は良い攻撃が出来ず敗北なのであります。あっりゃー。

一分ごとに敗北がお肌の奥深くまで浸透してきて、「では現時点での順位を見てみましょう」なんつうフリップが出てくる頃には、胃の腑がしんしんと痛み始めたのでございます。

| 蹴球 | 01:27 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

アウェーの洗礼
と言うことになるんでしょうが、ちょっと寂しかったなぁ。
あきらかにビビッてたし、4バックってどうなのよという、なにかピリッとこない感じ。
フランス辺りからヒステリックな眼鏡の白人を連れてきて監督させた方がいいかも知れんですよ。
考えるな、言うとおりにやれって感じで。苦笑

| 某中毒 | 2005/03/27 01:03 | URL | ≫ EDIT

メガネの人
寂しかったですよねぇ。

そういえばメガネの白人はフランスあたりにいるんだった。
なんだか、いつもアフリカにいるような気がしてました。
ヒステリックじゃないけどメガネの日本人が急きょ登場したらどうしますか。

| ぺり公 | 2005/03/28 00:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://periko.blog5.fc2.com/tb.php/83-b79e5869

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。